本文へ


ストラクチャスキャン SIR-EZ| コンクリート探査機

トップ > レンタル機器 > ストラクチャスキャン SIR-EZ| コンクリート探査機

ストラクチャスキャン SIR-EZ

「高性能×コンパクト」が両立した一体型ハンディレーダ。
1600MHz高周波パルスで鉄筋・配管・空隙間等の位置と深さ(300mm)を正確に確実にキャッチ。
多重反射波が少なく密集配筋も簡単に探査可能。
国土交通省のNETIS 登録番号:KT-120010-A

機種名 ストラクチャスキャン
型番 SIR-EZ
使用手順ページ

特長

軽量コンパクトで操作性に優れている

小型軽量で片手での操作が可能です。そのため、足場の悪い場所等での長時間の測定が可能です。
コンパクト一体型の送受信ユニットを新規開発。ノイズ(妨害波)をシャットアウトします。

5.7インチTFT高精細液晶

防塵・防滴キャビネット(IP-64)

先進の防塵・防滴キャビネットを採用、粉塵や雨天等の悪い環境でも安心(IP64規格)

多重反射が少なく鮮明画像表示

多重反射波の少ない高性能アンテナフィルタ回路を新規搭載。

AGC機能付き(全ての深度において最適感度表示)

性能は、従来の1600Mzアンテナとほぼ同等で、最大深度約30cmまでの測定が可能です。

ブライト4段階切替

山形波形を業界初の○表示にする自動変換機能を標準装備。

ストラクチャスキャンの特長

ストラクチャスキャン SIR-EZ PC編集ソフトウェア

PC編集ソフトウェア SSピュアー(報告書作成支援ソフト)

  • ストラクチャスキャン-EZ及びストラクチャスキャンのデータ読み込み可能。
  • 地表面位置の変更及びXY軸の目盛り変更が可能。
  • Aモード画面を確認しながらのポイント指定が可能。(1データ最大40箇所まで)
  • 範囲を指定してのデータ切抜きが可能。(横方向のみ)
  • 表示色(カラー・白黒)、波形振幅の変更が可能。
  • 帳票印刷時に距離及び被り平均を含め自動計算。

SSピュアー(報告書作成支援ソフト)画面全体画面全体

SSピュアー(報告書作成支援ソフト)

仕様

測定方式 レーダ方式
測定対象物 鉄筋、塩ビ管、空洞等
測定深度 5~300mm
測定精度(垂直) 0.1mm以下
測定精度(水平) 0.5mm以下
ピッチ カブリ:ピッチ=1:0.23
測定距離(一回の走査) 装置内部メモリーは約2km、外部メモリーは容量により決定
制御機能 画面反転、オートターゲット機能、表示色変更、自動誘電率変換
スクロール機能、ターゲットポイント指定(8ポイント)
最大走査速度 約40cm/s 速度アラーム付き
電源 バッテリーで約3時間
外部接続 PC(専用ソフト必要)
メモリカード SDメモリカード・USB外部出力(パソコン直接接続)
寸法 約(W)154×(H)175×(D)232mm 最大高さ
重量 約1.5kg
PC編集ソフトウェア SSピュアー(報告書作成支援ソフト)
備考 アンテナ・制御PC一体型(ディスプレイも一体化)
レンタル機器
ヒルティ フェロスキャン PS200
プロフォメーター5+
ボッシュ ウォールスキャナーD-TECT100CNT
ボッシュ ウォールスキャナーD-TECT150CNT
ストラクチャスキャン SIR-EZ
電磁波レーダー法 鉄筋探査機